競馬を中心に、馬の写真を撮っています(^_^) 馬達の可愛かったり面白かったり豊かな表情を 感じ取っていただけると嬉しいです\(^o^)/ ルフェーヴルが生まれ育ったピレネー(特にバスク)地方では母方の影響が強い(渡部哲朗『バスクとバスク人』平凡社新書、2004年)。ルフェーヴルがマルクス主義者となる一因は、宗教への反発があった(『総和と余剰』)。 2016年に生まれたオルフェーヴル産駒の中で、特に注目すべき良血馬や評判馬などをピックアップ。日本ダービーの翌週から新馬戦が開始しているので、ドラフト他お目当ての馬は早めに目星を付けておかれる事をオススメ致します。 トム子の馬ブログ. 本日は、皆様が大好きなオルフェーヴル産駒の注目馬について、K-BA LIFE的な観点から紹介したいと思います。 2017年デビューの全頭リストは、下記のブログで紹介済みですので、こちらもご参照くださいませ。 【2017年デビュー!】オルフェーヴル2世特集 全153頭リスト【初仔の栗毛率は!?】 ルフェーヴルの訃報を受けて、Radical Philosophy誌は次のように報じた。 「フランス・マルクス主義知識人たちのうちで最も多作な人物が、1991年6月28日から29日にかけての夜に、その90歳の誕生日の直後に亡くなった。 ルフェーヴルはスイスのローザンヌに生まれた。 早くからパリへと移り住み、その地で長く過ごすことになる。 1778年、彼は15歳でフランスの軍楽隊へと入隊した。 フランス革命の年に国軍が編成されるとそこで演奏を行うようになり、1790年からはその代理指揮者に就任している。 生涯. オルフェーヴルの種牡馬としての成績、特徴などを分析しています。aeiやcpi、勝ち上がり率、牡馬と牝馬の差、相性の良い母父(bms)など。交配相手の質が高いわりに成績が良くなく、今後の種牡馬生活が心配になるレベルです。 オルフェーヴルは、一口価格150万円、サンデーサラブレッドクラブ所属のクラブ馬。一口馬主の出資データを中心に、関連Webニュースなどの最新情報まとめ。各クラブへの無料カタログ請求も。 画像はオルフェーヴル|JBISサーチ(JBIS-Search)より引用クイズです。オルフェーヴルのミオスタチン遺伝子型は、C:C型・C:T型・T:T型のどのタイプでしょうか?ミオスタチン遺伝子型とはミオスタチンとは筋肉を抑制する遺伝子で、CとTのアルファベットの組み合わせでそのタイプが判断されます。 そのオルフェーヴルも現役を引退し、種牡馬入りしてから数年が経ちます。 種牡馬入りして数年が立ち、すでにオルフェーヴルの仔もターフで活躍しています。 今回はオルフェーヴルの代表産駒とその特徴、レースでの狙いどころを紹介しましょう。 2013年の有馬記念で、見事に有終の美を、あり得ないような強さで飾ったオルフェーヴル。華々しく登場し、華々しくターフを去ることになりましたが、しかしそんな華々しさの裏で、オルフェーヴルはその誕生自体が奇跡的であるとも考えられています。

オルフェーヴルの子ども、一体どんな子が生まれるんだろう。 今、ディープインパクト産駒がたくさん出ていて活躍していますが こんな風にオルフェーヴル産駒がたくさん活躍してくれるといいなぁ。 やっぱり、オルフェーヴルは特別な馬ですね。