オリーブの栽培で最もやっかいな害虫、オリーブアナアキゾウムシ。一体どんな虫なの?どうやって駆除するの?そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?今回はオリーブアナアキゾウムシの駆除の仕方や大切なオリーブの木を守るための方法についてご説明します。

「 お米を冷凍する 」というのは、コクゾウムシを発見してしまった場合や、卵や幼虫がいる場合に有効とされている方法です。 コクゾウムシは15度以下では活動しませんし、マイナス20度で1週間~10日ほど経つと、卵から成虫まで凍死します 。 長期間保管すると、卵が孵化して再発生してしまうかもしれませんので。 ただし、コクゾウムシには毒性はないので、食べてしまっても基本的に身体に害はありませんよ。 まとめ. 「お米の中で何かが動いている!」こういった経験をした方は多いのではないでしょうか?米食い虫とも呼ばれる「コクゾウムシ」の仕業です。 コクゾウムシはお米の中を少しづつ食べながら大きくなるため、お米を保管する際には注意をしておかなければならない害虫です。 両生類とは殻のない卵を産み、子供のときは水中で、大人になると陸で生活する動物のことです。 日本の両生類は有尾目(サンショウウオ・イモリの仲間)・無尾目(カエルの仲間)がいます。 生活環境について サンショウウオの仲間は世界中に約500種類、日本では約20

以上、コクゾウムシの駆除方法7選について解説してきました。