前回の記事 で、ガントチャート部分に記号( 、>、≫)が表示されるようにしました。 その中の「≫」は、期日を超過している状態を表しているので、少し強調したいです。 条件付き書式を設定して、特定の条件(例: 特定の単語や数字を含む)を満たすセル、行、列のテキストや背景色を変更することができます。 パソコンを使って、 Google スプレッドシート でスプレッドシートを開きます。 行う設定は関数ではなく 「条件付き書式」 を使っていきます。 特定の文字の色を変更する:条件付き書式の設定手順 1・色付けする範囲を選択しておく.

スプレッドシートとデータを準備します。

担当者を増やすには、自動で色が付く設定を増やす必要があります。 スケジュール表の色が付く範囲のどこかを右クリックし、「条件付き書式」を選択します。 スプレッドシートスケジュール表のカスタマイズ方法 担当者を増やしたい. スプレッドシートの『条件付き書式』という機能を使えば、自分で設定した条件ごとに、セルや行に自動で色付けすることが出来るんですよ! そこで今回は、条件付き書式の使い方と実務で役立つテクニックを3つほど紹介します。 Google スプレッドシートにはさまざまな書式設定オプションが組み込まれているため、スプレッドシートとそのコンテンツの表示形式を適宜変更する 条件付き書式で、期日を超過した実績部分を赤色にする. [条件付き書式ルールの管理]ダイアログ ボックスに戻りますので、同様に[新規ルール]より設定を行います。 今度は"日"の場合です。 先の手順3~6と同じ作業を、"日"の条件にすることと、書式を違う色にして … ⑨条件付き書式でガントチャートにします 「ホーム」タブの「条件付き書式」→「セルの強調表示ルール」→「指定の値に等しい」を実行します。 ⑩1を指定し、 帯として表示する「書式」を設定します