宅建試験は難しいの?この記事では宅建の難易度を合格率や合格点、試験内容や受験者層から他資格との比較まで、あらゆる点から分析しています。記事を読み終えると、宅建が独学で受かる資格なのかわかります。宅地建物取引士の本当の難易度を知ってください。 ・行政書士試験の合格率の推移について【近年は合格率が上がっている】 ・行政書士試験の合格率が10%付近と低いのか ・行政書士試験が近年易化している理由について.

行政書士試験の合格率・難易度(過去10年間) 行政書士試験の合格率は、下表のとおり、おおむね10%前後で推移しており、他の資格試験の合格率と比べると、例えば、 法律系の国家資格では、 司法書士試験: 3~4% 社会保険労務士試験: 5%前後

行政書士試験の合格率は毎年10%前後で推移しています。難易度が低いとはいえないため、行政書士試験の合格は難しそうと思う人もいるかもしれません。しかし、行政書士試験は誰でも受験できるうえ、合格基準も明確です 行政書士法の改正で行政書士法人の設立が可能となる。 平成15年度: 81,242: 2,345: 2.89%: 平 …

行政書士試験は難関国家資格の1つに数えられます。その合格率はどれほどでしょうか?また、年ごとの合格率の推移からどんなことが見えてくるでしょうか?近年の傾向をもとに、平成30年度(2018年度)行政書士試験の合格率を予想していきます。 行政書士試験の受験を考えた時、まず気になることの一つが、試験の合格率ではないでしょうか? このコラムでは、行政書士試験の合格率の年度別推移や、合格者の年齢・性別といったデータをご紹介し、合格率から見た行政書士試験の特徴について、ご説明をしていきたいと思います。 近年の行政書士試験の合格率は平成30年は12.7%、平成29年は15.7%、平成28年度は10%と、大体10~15%で推移していますが、過去の受験者数・合格者数・合格率・試験の難易度から考えると2020年(令和2年)の合格率は13%と予想。