早前有國際語言教育機構以世界上88個非英語母語的國家為對象,調查了當地的「英語能力指數」,日本位列第49位,屬於倒數第二的水平組別,也是連續第三年被評入該組別。 本指數是自2011年起,由業務遍佈全球達116個國家的EF Education First先在網上展開免費的英語水平鑑定測試而成。 世界116カ国で、海外留学などを展開するイー・エフ・エデュケーション・ファースト(EF Education First)が、英語能力指数(EF EPI英語能力指数)2018年版を公開しました。 日本人は英語が苦手というのは有名な話です。アジア人なんだから、英語が苦手なのは仕方が無いと思っている日本人は多いのではないでしょうか。日本語とは語順も違うし、漢字や平仮名はアルファベットとは程遠いものです。しかし、他のアジアの国々と比べてみ 世界英語能力指数の2018年版が公開 日本は88カ国中49位で「低い」英語能力レベル. このブログではなんどか日本人は読み書きはできるけど会話力が足りていないと書いていますが、主に僕の経験上の話だったので信頼できるデータがないかを探してみました。 探してみると、英語力の世界ランキングを図る efepi (ef 英語能力指数) というテストがありました。 日本人の英語力が低いという指摘はよく受けますが、どうしてなのでしょうか?日本人の英語力が低い理由や日本人の英語力の現状を英語力ランキングの推移などのデータから見てみていき、解説をしていきますので、日本人の英語力について知りたい方はぜひご覧ください。 報告書還指出,日本的英語教育太過注重語法和單詞的學習,缺乏英語口語交流。加上在日外國人較少,缺乏交流機會,這也是阻礙了日本人英語能力提升的主因之一。 以下為全球60個國家的英語能力排名(後面的數值為ef英孚英語能力指數) 非常高等水平國家 英語能力だけのランキングを見てしまうと、日本は先進国じゃないんじゃないかと思わされてしまいます。 英語能力が低いに分類された日本。将来一体どうなるのか? 今回の88カ国中の49位というランク。 本当になんともいえないランクです^^;笑 さきに、日本の英語能力は88カ国中49位だったとお伝えしました。 ランキングの英語能力レベルというのは、5段階に分けられています。① Very High Proficiency, ② High Proficiency, ③ Moderate Proficiency, ④ Low Proficiency, ⑤ Very Low Proficiency 。 国際交流基金と日本国際教育支援協会が運営する 日本語能力試験(JLPT) ・公式 サイトです。 日本語能力試験(JLPT) は、日本国内および海外において、日本語を母語としない 人を対象として日本語の能力を測定し、認定することを目的として行う試験です。 日本 – 100か国および地域中53位 | 第9版ef 英語能力指数 (ef epi)は世界100カ国と領土の成人を対象とした英語能力に関する調査をもとに英語を第 2 言語とする各国の英語力レベルの世界ランキングです。