ハーレーを乗っていると「ついやってしまう失敗や恥ずかしかった話」があります。皆さまも経験あるんんではないでしょうか?そこで、今回はHARLEY STYLE編集部の私が個人的にやってしまったあるあるを紹介します。①エンジンをかける時、イグニッ 結構ね、セルモーターの劣化、で、なかなかエンジンがかからないなぁ。 ってのが、あります。

まだまだ、エンジン始動が悪いの、の、原因はあるんです。 それは。結構、考えなかったりするんです . 長距離走行後エンジンを止めてから、セルではエンジンがかからず 押しがけをして走り出しています。 エンジンが冷えるほど時間の差はないのです。 長距離走行後(エンジンが暖まった後)なので、バッテリーの電圧不足はなくセルは元気よく回りますがかかりません・・・・ セルを回している セルモーターが弱っちい .
だがしかし、こんな環境でもキックでエンジンをかける。しかも電源入れてから5回踏んでかからないようならバイクの異常を疑う。 それぐらいハーレーでのキック始動は容易な部類であり、またちゃんとやればかかる。その手順とやる理由を書いていく。