フッ素は細胞毒、神経毒、生体にとっては毒物でしかありませんが、 虫歯予防の効果がそのリスクに比べて高いのならいざしらず、 フッ素の再石灰化を促し虫歯を防ぐという効果は臨床的には確認できません。 情報操作により騙されているようです。

フッ素は日々のケアによってむし歯を防ぐ働きを持ち、再石灰化しやすい状態をつくることで、初期むし歯を修復します。詳しいフッ素の働きをご紹介します。予防歯科から生まれたクリニカ。 フッ素はなぜ虫歯を予防できるのか? 歯の表面では、歯の成分であるミネラルが溶け出す脱灰と、ミネラルが歯の中に戻って結晶化する再石灰化がくり返されています。
はじめまして。 勉強熱心ですね^^ これは確かに、メーカーもまたいでしまうので悩むところですね。 どちらも再石灰化をうたっていますし。 まず、間違いなく再石灰化する(エビデンスがある)のはフッ素ですよね。 でも、miペーストにもリナメルにもフッ化物は入っていないです。 6歳未満の子供にフッ素洗口は「絶対にやってはいけないこと」 最近耳にするようになったフッ素。 むし歯予防に使われるのは、水溶性のフッ化物(主にフッ化ナトリウム)で、 薬事法上では劇薬に指定されています。 1994年にWHOがフッ素に関する「Techni-cal Report 846」で 再石灰化: 唾液中の成分が、脱灰によって失われた部分を補充してもとの状態に戻してくれます。自力で初期の虫歯を修復しているのです。これが再石灰化です。 フッ素塗布によりこの再石灰化を促進しま …