警告灯は色で危険度が分かる!警告灯の意味とは? 警告灯には、大きく分けて、赤いランプと、オレンジのランプの2種類があり、赤いランプが点灯している場合は、直ちに運転をやめなければならないが、オレンジのランプの場合は、異常はあるが走行可能というような意味があります。 車メーターランプ(アイコン):3行まとめ 普段見慣れない車メーターランプが出た場合は操作による間違えがないか確認後にディーラーに見てもらう 警告灯の種類によっては走行自体が危険な場合があるので落ち着いて対処することが望ま … e90に、乗っているものですが、サイドブレーキ灯とリフトアップの警告が消えなくなり、ディーラーに、持ち込むと、書き換えをして、2〜3日かかり、3万円ほどかかると言われました。 車を運転していると、いつの間にか見知らぬ警告灯が点灯されている・・・。 知らない警告灯が点灯されていたら、「もしかして故障?」「何が問題なの?」と不安になりませんか? 警告灯の意味や種類を知っておけば、不安になることもなく、車の状態を早めに at警告灯: atフルードの温度が高いとき: 即座に停車させ、ボンネットを開けたまま警告灯が消えるまで冷却しましょう。すみやかに販売店などにご相談ください。 燃料残量警告灯: 燃料の残量が規定値以下になったとき: すみやかに燃料を補給しましょう。