この場合、賃金を実際の労働日数で除する計算式で算出した平均賃金が「最低保証」となります。 出典:大阪労働局「平均賃金の計算」 よって、休業手当を16日分支給する場合、 平均賃金(5040円)×60%×休業日数(16日)=4万8384円 となります。 この場合、①より②の方が高いため、平均賃金1日分の金額は5,400円となるわけです。 そのため、休業手当が必要な場合、その手当の1日分の金額は以下のように … 平均賃金は、 休業手当や解雇予告手当の支払いなどが必要になったときに使われます。 計算方法は労働基準法で定められており、 従業員の生活を保障して、「人間らしい生活ができる賃金」の支払いを目的 … 使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の100分の60以上の手当を支払わなければならない。 「休業手当」と「最低賃金」 では早速、休業手当から始めましょう! 休業手当. 報酬・賃金; 休業手当と最低賃金法の関係 ; 人事のQ&A<解決済み> 相談数 15635 件 回答数 33923 件 休業手当と最低賃金法の関係. 休業手当 労働基準法 第26条. 平均賃金1日分が下回ってはならない金額(最低保障) ②計算式:270,000(円)÷30(日)×60%=5,400(円) 平均賃金1日分の金額. 使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の百分の六十以上の手当を支払わなければならない。労基法26 なるほど労働基準法 > 賃金 > 休業手当.