亜鉛ももちろんそうで、 摂りすぎても意味がないどころか いろいろ副作用が起きる可能性があります。 急性亜鉛中毒では胃になんらかの障害がおきたり 下痢や吐き気を催すことがあります。 そして継続的に過剰摂取を続けると鉄と銅の欠乏症、 亜鉛は何mgで摂りすぎになる? カラダに大切な栄養素である亜鉛。不足も過剰摂取も避けたいところですが、一日の推奨摂取量、過剰摂取の危険ラインはどの位なのでしょうか? 一日の推奨摂取量. 亜鉛の1日の摂取の推薦量としては、成人男性で約12mg・成人女性で約9mg、上限量としては、成人男性で約40mg、成人女性で約35mgとされています。 精子の活性化や、育毛促進に効果があると言われている亜鉛。摂取すればするほど良いと思われがちですが、本当にそれで大丈夫なんでしょうか。亜鉛を過剰摂取しすぎると、どんな副作用が出てしまうのか調べてみました。 一日の上限摂取量である 30mg をたまに越えて取りすぎてしまう日があっても副作用は起こりませんが、そうした日が継続的に続いてしまうと、なんらかの症状として現れてくる可能性があります。. 亜鉛の一日の推奨摂取量は、男性は約10mg約女性は約8mg。 亜鉛は人間の体に不可欠なミネラル分の一種です。免疫力の効果・肌つやの維持・生殖機能改善など多くのメリットがあり、サプリや精力剤においても人気の成分です。しかしながら、摂り過ぎてしまうと貧血や神経障害の恐れもあります。毎日の食事などから自然に…