先日、東洋経済さんでこんな記事を拝読しました。 「作文」が書けない子に教えたい3つの言葉 文章を書くことは、観察し、驚きを見つけ、考えることです。これがステップ1からステップ3への手順に当てはまるのです。 (東洋経済オンライン) 作文が書けない理由の3つめ――『文がうまく書けない』。これが、一番簡単に解決できる.

目次.

嘘だろ。そんなに簡単に、うまい文が書けるようになるのか? 違う違う。そもそも、うまい文が書けなくて当然な …

こんにちは、ABAセラピストの三松です。 今回のしゃべくりABAのタイトルは「作文が書けない」です。 チルドレン・センターでABAセラピーを担当したお子さんのご家族から、 「作文が書けない」とご相談されたことがあります。

「文章がうまく書けない大人は社会人として恥ずかしい」なんて言われてしまうと、ちょっとストレスですよね。でも、うまく書けない人にはある共通点があります。それを直すことで文章は上達します。 1 【アスペルガー】難しい漢字は読めるのに作文は苦手で書けない. 1.2.1 アスペルガー症候群の子が得意な国語の勉強 1.1 天才的な記憶力も? 【アスペルガー症候群】 1.1.1 想像力や思考力が苦手なアスペルガー症候群; 1.2 暗記は得意、想像や考えるのは苦手【アスペルガー】. 常用漢字でない漢字は、ひらがなで書いても減点されません。むしろ間違って書いたときのほうが痛手です。 一方、常用漢字が書けないというのは痛いです。 高校を卒業した人は、すべての常用漢字が書けるはずですので。 発達障害のあるお子さんにとって、作文とは極めて難関な課題とも言えます。何をどう書けばいいのか、根本からわからない状態です。しかし、学校は作文の授業がほんとうに多いですね。そんなお子さんに作文が書けるカンタンな5つのコツをお教えします。