公文式を続けるにあたって、最初にぶち当たるのが「宿題の多さ」というお子さんも多いのではないでしょうか。我が家の娘も年中から公文をはじめましたが、最初は日々の宿題習慣をつけるということに苦労し「このまま公文式を続けられるかな」と疑問に思ったこ . 教育業界に5年いた元業界人の筆者が公文の評判や口コミを一つひとつ解説します。計算力がつくのは公文の良いところです!しかし、公文に通わせる方のほとんどが「なんとなく」といる理由で通わせているのが実態!ではどんな学習サービスが良いのか? 小1です。公文を始めて5ヶ月ほどになります。 (算数を英語を学習しています。国語もしていたのですが、 「書くのが面倒、辛い」と泣き出すので辞めました。 算数は現在C、英語はHで、今度、表彰というのがあるそうです。
q 公文 宿題の量について. 公文の宿題をさせるのに苦労している親御さんも多いと思います。毎日のことですから、親も子も大変ですよね。宿題の量をどれぐらいにしてもらえばいいのか、宿題をいつやればいいのか、我が家の例を書いています。参考になれば嬉しいです。 娘の場合、1日の公文の宿題は算数が10枚、国語が10枚の合計20枚です。 とてもじゃないけどとんとん拍子に進みません。 だらだらと進めては何度も中断。
公文の宿題のデメリット ・量が多い ・とにかく繰り返しで飽きやすい ・集中力が続かない.