中学受験の国語で8割正答する解き方と勉強法を解説するシリーズ。今回は理由問題。国語を解くロジックを、誰でも、訓練次第で、どんな問題でも、解けるように解説していきます。

2020年中学入試国語で出題された作品・出典をもとに、2021年入試で頻出予想の作家を10名選びました。【朝比奈あすか、伊藤亜紗、ささきあり、まはら三桃、湊かなえ、森絵都、重松清、瀬尾まいこ、鷲田清一、三島由紀夫】 中学受験の国語は、算数に比べてあまり勉強していない家庭が多いです。読解力という言葉で片付けられて、確立した勉強法がないのもその理由でしょう。 ですが国語は中学受験では必須なので、対策をしないと合否を左右します。一般的に国 […] 小学国語、中学受験国語、中学国語、高校受験国語、高校現代文・大学受験現代文と分かれますが、文章問題、長文読解問題の解き方は1つ。 違いは何かと言えば、出てくる言葉の難易度くらいです。 大学受験レベルになると背景知識といっ・・・ 国語の読解問題を解く際に、「 問題文を読んでから⇒問題を解く 」と言う正攻法で解答する方が多いのですが、正攻法の解き方は受験対策としてはオススメ出来ません。 なぜなら、試験には制限時間があるからです。. 中学受験 読解力がない 長文の中でもなぜ物語文が苦手なのかと考えたところ、やはり 読解力がない ということなんだと思いました。中学受験の読解力とは . 数学・英語・理科・国語・社会ほか、基本問題から受験対策用まで中学生に役立つ教材を幅広くご紹介。 気軽に利用できる各種計算ドリルや文章題、高校受験用の解説問題など多数サイトを掲載しています。 中学受験では、語彙力のアップは基本中の基本ですが、せっかく覚えても問題分を読むときに使えなければ意味がありません。しっかり日常生活の中で「言葉」を意識して使いつつ、今回は文章問題の学習方法を簡単にまとめていきます。