同じファイルに読み込みと書き込みを行うためにファイルを2度開く必要はなく、1度で済ますこともできます。ファイルを1度だけ開くようにすれば、ファイルを読み込んでから書き込むまでの間にファイル内容が変更されてしまうことを防ぐこともできます。 VBScriptでちょっとしたスクリプトを書き捨てることは今までにかなりしてきましたが、そろそろPowerShellに本格的に移行できる感じになってきまし … テキストファイル:データを書き込む(Put ステートメント) Put ステートメントで、データをファイルに書き込む方法と使用例 通常、Put ステートメントによって書き込まれるデータは、Get ステートメントによってファイルから読み取られる ここでの「 Create:=True 」は、出力ファイルが存在しない時に作成するかどうかの指定で、 Open, Print ステートメントの方法ではこの指定はできずに無条件で作成されます。 「追記」書き出しの代表例である「タイムレコーダ」を作ってみましょう。

特定のファイルへのログ出力(追記) #VBScript #WSH.

追記するときは、次のように考えます。.LoadFromFile Target → まず既存データを全部読み込みます。.Position = .Size → 書き込み位置をデータの末尾に移動させます。 書き込み位置は、Positionプロパティで設定できます。 VBSでは、WSHのWScriptオブジェクトを使用することにより標準入出力の処理が可能です。 以下がそのサンプルで、標準入力からデータを受け取って標準出力するフィルタプログラム … VBSでの標準入出力.