放課後等デイサービスで働くために必要な資格・要件についてまとめました。児童指導員になるための要件や、無資格でも働けるのか?などのよくある疑問についても記載しています。 放課後等デイサービスを開設するためには、次の設備基準を満たしていなければなりません。(設備等の具体的な説明は下記に記載)>> 放課後等デイサービスの人員基準についてはこちら>> 放課後等デイサービスの運営基準についてはこちら放課後等デイ

2017年4月に開設要件を厳格化された放課後等デイサービスの新基準では、基準人員の半数以上を児童指導員または保育士としなければならないなど、人員要件の改正が大きなポイントとなっています。改正から半年、新基準の開設要件について解説いたします。 (放課後等デイサービス)の新基準について2017年1月6日、障害のあるお子さまを放課後や休日に預かる「放課後等デイサービス」について、厚生労働省は事業所の開設要件を厳しくすることを決めました。 放課後等デイサービス(放デイ)、児童発達支援(児発)を開業するための指定要件や開業立上げ時のポイント、加算減算について解説。また、以前とくらべ人員配置基準(児発管、従業員などの資格面)が複雑となり、開業や運営時の人員配置には注意が必要です。 放課後等デイサービス事業とは. 放課後等デイサービスを開設するためには、次の人員を配置しなければなりません。(職種の具体的な説明は下記に記載)>> 放課後等デイサービスの設備基準についてはこちら職種主な職務内容事業所の配置要件管理者(施設長)従業者、 放課後等デイサービスの事業所を開設するには、 人員、設備基準、運営基準等 の要件を満たさなければなりません。 その指定要件を順にみていきたいと思います。 放課後等デイサービス事業の人員基準 (大阪府内). 放課後等デイサービス(放デイ)、児童発達支援(児発)を開業するための指定要件や開業立上げ時のポイント、加算減算について解説。また、以前とくらべ人員配置基準(児発管、従業員などの資格面)が複雑となり、開業や運営時の人員配置には注意が必要です。 放課後等デイサービスガイドライン そこで今回、厚生労働省は、放課後等デイサービスの開設要件を厳格化し、2017年4月から新基準で開設の適否を判断することと、放課後等デイサービスガイドラインの順守と評価結果公表の義務付けを決定しました。 まず、サービスの実施に必要な人員(=従業者)を配置する必要があります。 放課後デイサービスの事業所を開設するための許可は「指定」と呼ばれていますが、指定を受けるために必要な要件には、法人(会社)であることの他に人的な基準と物的な基準があります。 放課後等デイサービス計画書や利用時の記録などの個人情報や、消毒の薬品などの備品が安全に保管できるような鍵付きの棚や収納はあるか、老朽化して危険な箇所はないかなどを予め確認し、開設時に対応しておきます。 放課後等デイサービスを開設したい方、必須の9日間の無料メールセミナーです。 放課後等デイサービスや 児童発達支援事業 の開設を検討されている方 に対し 放課後等デイサービスや児童発達支援事業を 放課後等デイサービス 就学している障害児について、授業の終了後又は休業日、長期休暇注に、生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流の促進等を行います。 放 課 後等デイサービス. 放課後等デイサービスを開設したい方、必須の9日間の無料メールセミナーです。 放課後等デイサービスや 児童発達支援事業 の開設を検討されている方 に対し 放課後等デイサービスや児童発達支援事業を 放課後等デイサービスの事業所を開設するには都道府県に申請を出し、事業所の指定を受けることが必要です。申請で大切なポイントをわかりやすくご説明します。また実際に事業所を運営する現場から集めた、申請要件を満たさなかった事例もご紹介します。
ホーム> 政策について> 審議会・研究会等> 障害保健福祉部が実施する検討会等> 障害児通所支援に関するガイドライン策定検討会> 放課後等デイサービスガイドラインについて 平成29年4月より、放課後等デイサービスの人員基準が改正されました。 それに伴い、平成30年4月より、児童発達支援の人員基準も、同じように改正されています。 このページでは、今から放課後等デイサービスを開設したい方・既に事業所を運営している 【人員配置基】放課後等デイサービスの人員配置基準について解説。放課後等デイサービスは平成29年4月1日(既存事業所は平成30年4月1日)より、新人員配置基準(管理者、児童発達支援管理責任者、児童指導員、障がい福祉事業経験者(2年以上の実務経験))に変更になりました。 放課後等デイサービスを開設するためには、次の設備基準を満たしていなければなりません。(設備等の具体的な説明は下記に記載)>> 放課後等デイサービスの人員基準についてはこちら>> 放課後等デイサービスの運営基準についてはこちら放課後等デイ 放課後デイサービスの事業所を開設するための許可は「指定」と呼ばれていますが、指定を受けるために必要な要件には、法人(会社)であることの他に人的な基準と物的な基準があります。 (放課後等デイサービス)の新基準について2017年1月6日、障害のあるお子さまを放課後や休日に預かる「放課後等デイサービス」について、厚生労働省は事業所の開設要件を厳しくすることを決めました。 お電話での お問い合わせ も受け付けています (8:30 ~19:00) tel.03-6804-5755 放課後等デイサービスを開設 放課後等デイサービス を 開設 するためには要件がいくつかあります。 ・法人である ・人員基準を満たしている ・設備基準を満たしている 事業所開設(放課後等デイ・児童発達支援)を開設(開業)するまでの準備や手順・ポイントを掲載しています。事業者としてサービスを提供するためには、基準を満たし認可指定を受ける必要があります。 放課後等デイサービスは国の認可事業ですので開設する管轄の自治体へ申請書類の提出が必要となります。 申請書類はWEB上にありますし入力の仕方などは割と簡単に作成することができます。