今回は、国民健康保険料の軽減について、母子家庭のケースを対象に保険料の計算方法をまとめました。また「離婚後の国民健康保険料はどのように決まるのか?」私の住んでいる市区町村に問い合わせたこともまとめましたので、「この保険料は妥当なのか? シンママブログ管理人さなです。母子(父子)家庭の所得によっては、窓口負担がない措置はありますが、母子家庭だけを条件に国民健康保険料を減免する制度はありません。そして、国民健康保険料は、無職でも原則ゼロ円はあり得ません。また、国民健康保険は、 「国保の保険料、高っ!」と思われたことのある方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。住んでいる地域にもよりますが、所得300万円に対して保険料が50万、というケースもあります。なぜこんなに高いのでしょうか。それにはいくつかの理由があります 母子家庭に限ったことではありませんが、国民健康保険料の支出は結構な金額になりますから、軽減や免除は積極的に活用したいところです。 保険料の軽減. 母子家庭(シングルマザー)のための助成制度を分かりやすく解説しています。社会保険、国民健康保険、国民年金の保険料免除、医療費助成、保育料の減免、公共交通機関の料金の割引、寡婦控除など利用できる制度はたくさんあります。