海外は日本と違い医療費が非常に高額なことが多く、数日入院するだけで100万円単位の費用が請求されるといったことも珍しくありません。救急車も有料だったりするなど、日本の感覚で考えていると、いざ病気や怪我になった時にビックリ … 海外での医療費も健康保険でカバーされる. 海外では、医療機関へのアクセス、医療費の決め方など、日本とは異なった仕組みとなっています(表5-1)。 例えばイギリスでは、患者ごとに決められた医師にまず受診しなければなりません(登録制)。 海外に出向している社員の人件費は原則として全額子会社負担です。親会社が人件費の一部を負担している場合は、海外子会社への寄付とみなされる可能性があります。 会社負担なので気にしなくてokです。 有り得ないと思いますが、自己負担になっていたら必ず交渉です。 食費

日本では国民健康保険のおかげで、民間の医療保険に加入しなくても医療費は3割の負担で済みます。高額療養費制度により1ヶ月の自己負担限度額も上限が決 …

会社で加入してもらう保険についても、どんな内容なのか、家族もきちんと対象になっているか確認しましょう。 住居費. 海外でかかった医療費は,一旦全額負担した(支払った)後,加入している健康保険組合等に請求手続をすると,健康保険組合等が負担する分の医療費が戻ってき …

まとめ 海外での治療費から見た保険の必要性. > そこでさらにですが、海外赴任者に対して駐在地での治療費(病気等)も > ある程度の割合で会社負担にすることになったのですが、 海外旅行傷害保険では全額戻りますし、 健康保険でも対象の治療なら、7割は戻ってきます。 横から失礼します。 海外赴任では、赴任地での生活費用は会社が負担してくれるものが多いと思います。 これまでの日常生活でかかっていた費用で、海外駐在をすることで節約できる主な費用は以下のものが挙げられます。 赴任地での家賃; 子供の教育費; 医療費; 食費(一部)