ロードバイクの場合速度という概念が出てくるのでスピードを出したい場合に重いギアに入れるという場面も出てきますが基本は同じです。 ロードバイクでも上り坂であれば軽いギアに、平地であればある程度重いギアに入れます。 ペダルが重い と感じる原因 ... 女性のロードバイク人気の火付け役にもなったアニメのタイトルも「弱虫ペダル」というように、ペダルは自転車とライダーをつなぐ象徴でもあるといえるでしょう。 あなたもペダルを通じて、自転車とのコミュニケーションをいつも大切にしてください。 愛情� 自転車に乗っていると、行き当たる上り坂。 いっそ自転車を降りて、歩いて上ってしまおうかとも思います。 しかし、そんなときに使いこなしたいのが自転車のギアです。 坂道でのギア変速は、重いほうがいいのか軽いほうがいいのか、坂道での自転車の漕ぎ方など調べてみました。 コツは停止前の減速時にあらかじめギアを軽くしておくこと。そうすれば発進がスムーズになります。 もし重いまま止まってしまったら、シフトレバーをクリックしたあと、サドルを持ち上げて後輪を浮かせた状態でペダルを回せば変速できます(ビンディングペダル使用前提)。坂で不意に� ギアの変速は慣れている人にとっては当たり前のことですが、これからロードバイクをはじめるユーザーさんにとってギアチェンジのコツを掴むことでより快適に乗れるようになります。今まで特に意識せずギアを操作してきた方や機械の操作に慣れていない女性は必見かもしれません。 当然のことながら、私論である。最近、重いギアを踏むトレーニングをし始めた。僕の場合、平地で気持ちよくペダリングをできるケイデンスは94rpmくらいで、速度を上げると91〜110rpmくらいになるイメージである。ケイデンスが高めなので、あまり重いギアは踏んでいない。