平成30年3月から「障がい者就労継続支援事業所B型」に務めるています ここでは、給与が7万から8万しかもらえません。「障害者基礎年金」はもらえませんでした。グループホームの費用で6万6千円も掛かります。国民健康保険税の減額( 被用者保険の被扶養者に対する軽減 会社の健康保険などの被用者保険から後期高齢者医療制度に移行することにより、その扶養家族である被扶養者の方(65~74歳)が新たに国民健康保険に加入することになった場合には、所得割については全額免除、均等割については半額になります。

国民健康保険税の平成22年度課税分から、リストラや企業の倒産等やむを得ない理由により職を失った方(非自発的失業者と言います)に対する軽減措置が新設されました。 令和2年度の国民健康保険料について、世帯主及び国民健康保険加入者(以下、国保加入者という。)の平成31年(令和元年)分の総所得金額等の合計が一定の基準額以下の世帯について、均等割額及び平等割額が軽減されます。 」―と各地で悲鳴が上がっている国民健康保険料(税)。全国の民主商工会(民商)では、高すぎる国保料(税)の引き下げや正規保険証の発行を自治体に求めています。またみんなで減免申請を行い、払える国保料(税)へと負担を軽減しています。

国民健康保険加入の世帯員が後期高齢者医療制度に移行することにより国民健康保険加入者が1人となった世帯は、「医療分」と「後期高齢者支援金分」にかかる平等割額を5年間は2分の1を減額し、その後3年間は4分の1を減額します。 ※1国民健康保険事業費納付金とは、市町村が都道府県に対して納付する、国民健康保険を運営するための費用です。 ※2保険者支援制度とは、保険料負担を緩和するために、国・県・市が負担する制度です。 保険料率について 保険料率のページへ