その他(職業・資格) - これから社労士をめざそうとおもっています。 相当大変な職業だとおもっています。でもその分やりがいがある仕事だとおもっています。 やりがいだけではなんともならないのが現 … 社労士と行政書士で兼業している人の場合 平均年収の推移が430万~1,000万円という結果になっています。 コネと人脈で開業後も安定的な仕事があれば 600万円 レベルの年収を確保できるという体験談もあ … この本は、ゼロから1年で年収1000万円到達を実現したい方のために書いた、営業展開、人脈形成術のレクチャー本です。 「士業戦国時代」のいまこそ必要な、安定した売上基盤をつくるノウハウを盛り込みました。 9割の社労士がやりたがらない、 そのため、開業した社労士が初年度1000万円を稼ぐ事は不可能だと思われてきました。 ところが近年、障害年金の申請代行業務に特化し、 年間で1000万~3000万円の売上アップをしている事務所が増えています。 障害年金の売上は下式で算出します。 「年商1,000万円の人は月商にすると84万円ほど、経費などもろもろ差し引くと手取りが30万円くらいになる計算です。 そう考えると1本立ちをしている個人事業主の方の大半は、年商1,000万円くらいにな … 年収600~800万円の収入を維持し続けられればよい方で、5年以上たっても年収300万円台の社会保険労務士も少なくはないという。また、社員や事務員を雇わず、かつ、社労士業の資格のみで年収1,000万円以上の収入をあげる社会保険労務士は極めて少ない。 ただ、年商1000万円以下の事業主は免除されています。 上記の計算では年商960万円なので、消費税の支払いは出てきません。 しかし、あと40万円、売上が乗ってくると、支払うことになります。 消費税の計算は簡易的に考えると、 売上の4%程度

令和元年度の「助成金ビジネス」と開業1年後に1,000万円、5年後に1億円を超えた理由 売上が伸びる社労士」「売上が伸びない社労士」 「売上アップ」社労士向けマーケティング(初級編) 「売上アップ」社労士向けマーケティング(中級編)