企業では福利厚生の一環で社宅を借りることがあります。 しかし借りれば無条件に経費になるというわけではなく、条件を満たす必要があります。 ここでは、従業員の場合の条件について解説します。 <pr> 丸2日かかっていた業務をわずか3時間まで圧縮! 決算前に経費を増やしておこうということでpcや機械類を新調したりしますが、家具もそうしても良いかもしれませんね。良い道具と使うと良い仕事が出来ますよ。 私は自分のお店では実際に家具購入関する経費の相談や税に関する相談も受けます。 住居に置く家具や家電、日用品などは経費にすることができませんので注意してください。 社宅買取りだとさらに節税効果あり 少し初期コストがかかりますが、お金に余裕がある場合には 不動産を購入して社宅化 するのも一つの手です。 主に、社内・役員・社員などが主に使う空間ですが、従業員社宅・役員社宅の家具も備品とすれば、経費算入することが可能でしょう。 役職員の福利厚生施設にもなりうる別荘もこれに当てはまります。 2597 使用人に社宅や寮などを貸したとき

役員に社宅で使用する家具等を無償で貸与した場合 掲載日:2016年3月31日 役員に社宅を貸与する際、適正賃料を受領していますが、その他に会社が家具を購入し無償貸与しようと思いますが、給与課税を行わなくて問題ないのでしょうか? 取得価額が10万円または30万円未満の家具は消耗品費勘定などを用いて費用処理をする。これに対して、取得価額が10万円または30万円以上のものは工具器具備品(または器具備品)勘定などを用いて資産計上し、減価償却をする。 (3) 現金で支給される住宅手当や入居者が直接契約している場合の家賃負担は、社宅の貸与とは認められないので、給与として課税されます。 (所法36、所基通36-15、36-40~42、平7課法8-1外) 参考:関連コード.