税理士になるにはどうすればいいのでしょうか。その人の状況によって税理士への目指し方も変わってきます。本記事では、税理士になるにはどうすればいいのか、独学や高卒で税理士になることは可能なのか、税理士になるにはどれくらいの費用が必要になるのかなどについてご紹介します。 税理士の初任給は、一般的な職業よりもかなり高く、月収30万円~40万円ほどが相場です。 大手税理士法人などであれば、1年目からいきなり年収500万円を超えることもあり、税理士は、新人であっても経済的にはかなり恵まれているといえます。 税理士試験に合格することで、税理士になることが出来るようになりますが、この試験は受験資格が必要ですから、誰でも受けることは出来ません。普通の高校を卒業した人が税理士になりたい場合、どうしたら良いのでしょうか?受験資格を得る方法を考えていきましょう。 今のob税理士がその頃の方なので高卒の方が多いです。 税理士法人totalでもOBの先生(その方は大卒ですが)に手伝っていただいています。 ============= 「税理士の学歴」についての注意点 . 税理士になるには一般的に大卒・専修卒の学歴が求められますが、実際には高卒で活躍している人もいるようです。 高卒で税理士を目指すにはどのような条件が必要になるのでしょうか。 例えば、大卒では20万円だけど高卒では18万円と月2万円、 年24万円の差はあります。 そう言う意味では高卒より大卒の方がいいかもしれないと思うこともあるでしょう。 また、求人募集欄には、応募資格に「大卒」と明記されている場合もあります。