2019年(令和元年)10月1日から始まった軽減税率制度。この制度下において、個人事業主が行う会計業務を簡単にまとめました。免税事業者・課税事業者、どちらの場合でも参考になる内容です。 事業を行い一定の売り上げがあると、消費税を納めなければなりません。しかし、消費税の計算は、やや複雑で難しそうなイメージもあります。今回は、消費税の計算が楽になる、簡易課税制度についてわかりやすく解説します。 令和元年10月の軽減税率、10%増税の導入により、消費税簡易課税制度の届け出の特例が始まっています。仕入れの消費税について、軽減税率8%と10%を区分できない、簡易課税を検討してみたい方にとっては、令和元年度から適用可能となるため、大きなメリットもあります。 2019年10月にせまる消費税率の引き上げ。引き上げと同時に導入される軽減税率は、すべての事業者に影響を与え、帳簿入力が面倒になることをお伝えします。説明のポイント 2019年10月に消費税率を10%に引き上げ、軽減税率も導入される 以 消費税の税額計算は国税や地方税の仕訳など複雑で、経理担当者でも完璧な人は少なく、2019年10月に消費税が改正され、10%と8%が混在する軽減税率制度が始まれば、より難しくなります。今回は、軽減税率導入後も含めた、消費税の計算の仕方を解説。 Q152 軽減税率Q&A(個別事例)条文一覧 1191 view; Q151 消費税軽減税率の対象となる「飲食料品」の範囲 1092 view; Q150 簡易課税 2種類以上の事業を営む場合の計算 2892 view; Q149 国民健康保険料の計算方法/具体例 3261 view 売上(原則課税・簡易課税) 軽減税率が導入されると、請求書、領収書を変えなければいけません。 ・軽減税率の対象のものがわかるようにする ・税率ごとの合計を出す. 2019年10月1日より消費税率が10%に引き上げられ、それと同時に軽減税率制度が導入されました。この軽減税率制度はみなし仕入率の変更や売上税額計算の特例など簡易課税を適用している事業者にも影 …