この日数はあくまでも目安で、卵管内移植や凍結胚移植でも多少日数が変わります。 胚盤胞の段階で移植する場合で、うまく胚が育たないこともあるため、この限りではありません。 十分な発育とならなかった場合は移植は中止となります。 目次. 体外受精や顕微授精では、受精卵を培養して子宮に戻す「胚移植」が行われます。この胚移植の方法に「凍結胚移植」と「新鮮胚移植」の2つがあることを知っていますか?そこで今回は、「凍結胚移植」について、スケジュールや着床時期、妊娠する確率などについてご説明します。 ただし、胚移植の着床率は胚の状態(グレード)、年齢、病院の技術力によっても変わるため、あくまでも目安と考えてください。 関連記事. 【専門医回答】胚盤胞移植は、通常の体外受精・顕微授精に比べて培養日数が長いのが特徴です。より成長した胚を移植するので妊娠成功率は上がりますが、胚盤胞まで育つ確率が低い・費用が高いなどのデメリットもあります。 胚移植から着床までの日数はどれくらい? 2020年5月27日(水) 【 体外受精 】 「胚移植」は体外受精や顕微授精をする際に行われるもので、取り出した卵子と精子が受精して細胞分裂を始めるタイミングで女性の子宮内に移植し、着床を試みる治療法だ。