どの接続詞を選ぶかは個人の好みとセンスによりますが、文章を稚拙に見せたくなければ、少なくとも同一接続詞の連続使用は避けたほうがいいでしょう。 と同時に、接続詞を選ぶときには、文章のニュアンスに最も近いものを選ぶようにしましょう。 もしかしたら、接続詞から始まる文章は誤りだと教えられたことがあるかもしれない。しかし、そんなルールはない。先ほど述べたように、従属接続詞を使うことで、接続詞から始まる従属節を主節の前に持って来ることができる。 and、but、orなどの接続詞もその役割を果たすことができる。しかし、セミコロンと接続詞を同時に使うことはできない。つまり、セミコロンが接続詞の代わりになっているから、両方は必要ないということだ。 I saw a magnificent albatross, and it was eating a mouse. 接続詞の左右、また同じ修飾節(modifying clause)の中では同じ時制が使用されているか確認。 正しい並列構造を使いこなせていると、ノンネイティブであっても英語に対する深い理解と言語センスがあるという印象を与えることができます。 接続詞:Not only~ but also~ の替わり。(接続詞だから節か節の省略形が続く。) A as well as B=BだけでなくAも。Aが話題の中心。Bはすでに読者が知っている事項。従って安易にandの替わりには使えない。 Life wouldn't be worth living if I worried over the future as well as the present. 英語の勉強をしている者です。わからない所がありますのでお教え頂けますでしょうか。とある英語サイトでの文なのですがall we can make is the same old kebabs and curry.とありました。私たちにできることはいつもの串焼きとカレーだ

接続詞から始まる文章.