cat6 ケーブルとは 「カテゴリ 6」に由来する cat6 は、cat5e が策定されてからわずか数年後に登場しました。cat6 は標準化されたイーサネット用ツイストペアケーブルで、cat5 / 5e および cat3 ケーブル規格と後方互換性があります。 1.1 カテゴリ5はやめよう; 1.2 1Gbpsなら5eでも十分; 1.3 6は安ければ選ぼう; 1.4 おすすめは6A、ただしSTPに注意; 1.5 市販のカテゴリ7は偽物; 1.6 もう既に買ってしまった人へ; 2 ケーブルの種類による違い.
反対に、lanケーブルには上位互換性があるので「カテゴリ5e対応機器にカテゴリ6のlanケーブルが使用できる」という場合もあります。 使っている機器を確認して最適なlanケーブルを選びましょう。 1 LANケーブルの選び方. lanケーブルには規格があって、性能によってカテゴリ 5, 6, 7, 8などに分かれています。通常、カテゴリはcat5のように書かれるようです。lanケーブルのカテゴリによる違い、種類、確認、回線速度についてまとめてみました。lanケーブ au光ひかりフレッツ光など、高速の回線を入れているのに全然回線速度がでなくても困っている人はいませんか?実はこれは、ルーターやLANケーブルによって起きている問題かもしれません。そこで今回は、そういった器具と回線速度について解説していきます。
通信速度は理論上、カテゴリー5eと変わりませんが、LANケーブルの中身の違いにより、通信できる幅(伝送帯域)が2.5倍となり、より通信量が多い環境での使用に向いています。カテゴリー5eと悩まれたらカテゴリー6をお勧めします。 目次. 2.1 ケーブルの形状; 2.2 単線とヨリ線; 2.3 シールド; 3 「LANケーブル … ネットワーク機器に接続するlanケーブルには、カテゴリー(種類)がありlanケーブルならなんでも良いわけで無く、利用する環境によっては、期待している通信速度がまったく出ないという場合があります。そこで、lanケーブルのカテゴリー(種類)やその違いについて解説します。 lanケーブルには色々な規格が存在しています。「 使用中のlanケーブルの見分け方 」 規格によりlanケーブルの価格差には大きな違いがあるため、それぞれの転送速度の違いについて実験で測定しました。