29erMTBに装着しても大丈夫な軽さと見た目の絶妙なバランスが35Cです。 スペック サイズ : 700×35C , ETRTO 35-622 実測幅 : 34m m( 空気圧60psi リム幅19mm) 指定空気圧 : 50-75PSI 350-525kpa 参考重量 : 458g 楽天市場-「700 35c タイヤ」2,104件 人気の商品を価格比較・ランキング・レビュー・口コミで検討できます。ご購入でポイント取得がお得。セール商品・送料無料商品も多数。「あす楽」なら翌日お届けも可能です。 空気圧を選ぶと良いですね。 ③空気圧は、フロントよりもリアの 空気圧を0.5barほど上げておく 空気圧は前後均等に入れるのですが、 実際には後輪に多く荷重がかかります そこで、 リアの空気圧 を 0.5bar ほど 高めに クロスバイクのタイヤの最適な空気圧や空気入れの頻度を紹介します。「一体どれだけ空気を入れればいいの?」「どれぐらいの頻度で入れればいいの?」「わかりやすくさくっと教えて!」という人はぜひ参考にしてください。

自転車の空気圧の低下はホイールの破損やパンクなど、様々なトラブルを引き起こす原因となります。空気圧の単位、入れるタイミング、チェックの仕方など、空気圧に関してプロのメカニックが解説します。ロードバイクの空気は特に抜けやすく、より高い頻度で空気の補充が必要です。 RITEWAY アーバンフルグリップタイヤ サイズ:700×35C、ETRTO 35-622 実測幅:34mm(空気圧60psi、リム幅19mm時) 指定空気圧:50〜75PSI、350〜525kpa 参考重量:458g ケーシング:30TPI 価格:2,900円 最近はあまり空気圧を上げすぎない方が良いと言う考え方が主流で、それに合わせて主流のタイヤサイズは「700 x 23c」⇒「700 x 25c」に変わってきました。 空気圧の使用幅は狭いです。 MAXまで入れても1週間後にはMIN近くまで圧が下がっています。 適切な空気圧はいくつなのかは私も判らないですが、1週間毎に空気を入れますのでとりあえずMAX付近まで入れちゃってます。