入力規則は、Validationオブジェクトになります、ワークシート範囲の入力規則を表します、入力規則は、シート上で設定しておいた方が良い場合が多いですが、マクロVBAで設定する必要も出てきます。入力規則を設定するには、Validationオブジェクトを使います。 ユーザーフォームを使って入力する Topへ ここでは、Excel2013でフォーム機能を使う で利用したフォームを使いやすいように改良してみたいと思います。 フォームを使うでは、住所録を入力する際に下図のようなフォームが表示されました。 ExcelのVBAアプリケーションでフォームから数字を入力する場面がありますが、用意したテキストボックスに数字以外を入力されると以降のプログラム中でエラーが出る場合が多いと思います。 オリジナルの入力フォームを作ることができるユーザーフォーム。配置したテキストボックスに入力する時に常に文字の種類を選択するのは面倒でないですか?imeモード設定でいつでも半角英数にすることができますよ。ぜひマネしてみてはいかがですか? テキストボックスに値を入力し、コマンドボタンを押すとa列のセルに順次入力する例です。 ユーザーフォームにテキストボックスと、コマンドボタンを2個配置しています。 ユーザーフォームのコードを以下のように書いています。 ユーザーフォームは、慣れてしまうと時間をかけることなく作成できます。 ユーザーが直感的に分かり易く操作できるように、積極的にユーザーフォームを活用していくことをおススメします! 数値だけが入力できるTextBoxを作成する方法 どうも、takaです、今回は数値だけが入力できるTextBoxを作成する方法をご紹介します。 用意するフォーム 今回はTextBoxを一つだけ用意する簡単なフォームで実践していきましょう。 TextBox1 だけです。 数値だけ入力するようにするコード 今回はExcel VBAでExcel機能の入力規則を操作して、プルダウンリストを作成する方法をご説明します。 セルの範囲をリストに設定する基本的な方法から、配列に格納された値をリストに設定する方法、リストに変更が発生したら自動的に更新する方法までご説明します。 ExcelのVBAアプリケーションでフォームから数字を入力する場面がありますが、用意したテキストボックスに数字以外を入力されると以降のプログラム中でエラーが出る場合が多いと思います。 ユーザーフォーム上の数値入力や日付入力の工夫 ユーザーフォーム上の入力では数字や日付でもテキストボックスを使用します。 ワークシートのセルのように書式設定で編集する機能がありませんが、イベント記述で似たようなことを行なうことができます。 excel2010を使用しています。シートにデータを入力する際に特定の列に入力規則を設定しました。(別シートに範囲指定で名前を定義したものを指定)オプションからフォームボタンを追加。フォームで入力しようとしたら入力規則が反映されて 今回は 入力の2つの数値をユーザーフォームから取得する方法 でやってみましょう。. Excel VBA で「ユーザーフォームを使って入力画面を作成」する手順をまとめました。ユーザーフォームを表示させるところから、ボタンを配置し、ボタンを押したときにマクロを実行することまで書 … VBAのUserForm(ユーザーフォーム)上のTextBox(テキストボックス)を使用する際に、用途によって入力する文字数の制限をしたいことや入力モード(全角/半角英数字など)を設定したいこともあるかと思います。今回はその方法について書いていきます。 ユーザーフォーム上の数値入力や日付入力の工夫 ユーザーフォーム上の入力では数字や日付でもテキストボックスを使用します。 ワークシートのセルのように書式設定で編集する機能がありませんが、イベント記述で似たようなことを行なうことができます。 テキストボックスに値を入力し、コマンドボタンを押すとa列のセルに順次入力する例です。 ユーザーフォームにテキストボックスと、コマンドボタンを2個配置しています。 ユーザーフォームのコードを以下のように書いています。 ユーザーフォームとは? Excel VBAで自分自身のオリジナル入力画面(ダイアログボックス)を自由にデザインして、文字や入力枠、実行ボタンなど様々なパーツを配置してエクセルワークシート上に表示して利用できるVBA機能のことです。 Add メソッド:入力規則を設定します Delete メソッド:入力規則を削除します Modify メソッド:入力規則を変更します。 構文:expression.Modify(Type, AlertStyle, Operator, Formula1, Formula2) プロパティ Typeプロパティ:入力規則の種類を指定します。