から、Photoshopによるコンタクトシートを生成してくれます。昔はCS3ぐらいまでは、PhotoshopだけでなくIllustratorやInDesignバージョンもあったのですが…CCではPhotoshopだけです。 こんなに優秀なAdobe Bridge!ただ… bridgeには難点もあります。それは、やや重い…。

Solved: BridgeCC2018です。 コンタクトシートにファイル名だけではなく、解像度などのメタデータを表示させて印刷したいのですが、その方法がわかりません。 どなたかご存知の方はいらっしゃいません … Adobe Bridge, コンタクトシートII 2013年02月05日 Shuffleの人気連載「Photoshop オート機能完全攻略」を1冊にまとめた本「 Adobe Photoshop オート機能完全攻略 CS6/CS5/CS4対応版 」が刊行された。 こんにちは!波塚です。 さて、みなさんコンタクトシートをご存知でしょうか? コンタクトシートとは簡単に言うと画像を一覧で表示する機能なのですが、たくさんの画像から選ぶ作業にとても便利です。 MacプレビューまたはAdobeソフトがあれば作成することができます。 Photoshopの「コンタクトシート II」は古くからの自動処理機能として多くの人が利用してきたが、CS4からは、Bridgeを使ってPDFファイルとしてコンタクトシートを作成できるようになった。そのほかAdobe Bridgeには多くの自動処理機能が備わっている。 Adobe Bridge ファイル管理ソフトとしての実力 Adobe Creative Suiteの第二弾であるCreative Suite 2にはさまざまな新しい機能が加わっていましたが、中でもアドビが最も力を入れていたのは「Adobe Bridge」でしょう。発売前からAdobe Bridgeを使ったプレゼンテーションが盛んに行われていました。 … ですが、Adobe Bridgeのプレビューで全画面表示にするとなぜか汚い…。 最初はピントが合っていない写真を撮りまくってしまったと落ち込んでいたのですが、どうやらプレビュー表示はサムネイルを拡大表示しているから汚く見えるようです。 ということで、Google先生に聞いてみた。そうしたら、Adobeさん、あの便利だったコンタクトシートを作る「出力」というモジュールをBridgeの機能から削除したよ、とね。んで、文章には次のように書いてあったんです。