g線とは、バイオリンの一番太い弦のことです。 ここで出てくる『g線上のアリア』は、 有名なバッハの曲ですが、 正確には、『g線上のアリア』ではなく、 管弦樂組曲第3番二長調.bwv1068の第2曲『アリア』として 1717年頃作られた曲です。 g線上のアリア~バッハ名曲集がライトクラシックストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 みなさまこんにちわ外出自粛の日が続きますこのチャンスに今までで来なったことにチャレンジしています横浜バロックのyoutube是非ご覧くださいチャンネル登録して… g線上のアリア. バイオリンでg線上のアリアは難易度はどのくらいですか? 狂った音を並べるだけなら簡単ですが、正確な音程で弾くと成ると、ポジション移動が難しくて結構難易度高めです。中級です。 g線上のアリアは大好きなんだけど、実際自分が何か演奏できるわけでもなく音楽音痴の私です。 こんな私がわからないなりに図書館に足を運んだりして、私なりにまとめてみました。