iphoneのタッチ操作ができない・・・ 画面の一部分だけが操作できない・・・ 画面下部のロック解除のスライドが出来ない・・・ キーボード入力が押せない・・・ 突然タッチパネル(画面操作)が反応しなくなった iPhoneの画面を傷つけないための必須アイテムである保護シートですが、長い間使っていると一部が浮かび上がってしまったり、スマホと保護シートの間に埃が入ってしまい、タッチパネルがうまく反応しなくなることがあります。 画面の一部が反応しない場合、反応したりしなかったりする場合、触れなくても反応する場合、iPhone の場合はこちら、iPad の場合はこちらから Apple サポートにお問い合わせください。 iPhoneのタッチパネルが反応しない・ロック解除できない・キーボードの一部が押せない時の原因と対処方法。水没や縦線が入るなど、アップデートや再起動・タッチ感度を上げるだけで治らない場合の修理方法。バックアップ手順~初期化+復元方法も。 2014年にリリースされた「iOS 8」でiPhone/iPadの標準キーボードだけでなく、ATOKやSimejiといった他社製のキーボードがようやく使えるようになったが、いきなりキーボードが起動しなくなったり、表示されないといった標準キーボードでは起こり得ないこともよく見られるようになった。 なので原因はともあれ画面の一部が反応しなくなった時の対処法であったり応急処置について考えてみたいと思います。 ちなみに原因は… 原因を調べてみると僕が使っているのは「iPhone X」なのでAppleのサイトで見つけたこれに該当しそうです。 また、キーボードの一部のキーだけが入力しても反応がないトラブルが起きるケースもあります。 今回は、Windows10のノートパソコンでキーボードが反応しない・入力できない原因と解決法について紹介 …

iPhone一部だけ操作ができなくなった.


iPhoneの画面をカバーしている保護シートに問題がないか確認する. iPhoneのキーボード操作で、文字入力ができなくなった時の解決方法についてまとめました。 LINEをしてたら文字が打てなくなった。キーボード入力でひらがなやローマ字の操作がおかしくなってしまったという時の参考にしてみて・・・