Physical Review B: Condensed Matter and Materials Physics (also known as PRB) is a peer-reviewed, scientific journal, published by the American Physical Society (APS). Journal of Physical Chemistry B 2018年のインパクトファクター : 2.923 (2019年の最新データ)。 過去のインパクトファクターデータと比較して、Journal of Physical Chemistry B 2018-19年のインパクトファクターは 7.09 % 減少しました。 Physical Review B (3.2) 材料、固体物理の物理専門誌。無機材料や半導体、または固体表面の性質に関する論文が掲載されます。 Physical Review E (2.5) 統計物理、非線形解析の物理専門誌。理論重視ですが、実験系についての報告も掲載されます。 The Editor of PRB is Laurens W. Molenkamp.It is part of the Physical Review family of journals. Physical Review Materials 2019年のインパクトファクター : は発表されていません。Physical Review Materials 2019-20年の最新のインパクトファクターパーティション: - 。 インパクトファクター は、自然科学・社会科学分野の学術雑誌を対象として、その雑誌の影響度、引用された頻度を測る指標である。 Physical Review E 2018年のインパクトファクター : 2.353 (2019年の最新データ)。 過去のインパクトファクターデータと比較して、Physical Review E 2018-19年のインパクトファクターは 3.02 % 増加しました。 Physical Review E 2018-19年の最新のインパクトファクターパーティション: Q1 。 インパクトファクター (if。雑誌の引用数です。 雑誌の引用数です。 大きいほどその雑誌を参考にしてる人が多い、と言われますが、論文によって差があるのが実情です。
Physical Review X 2018年のインパクトファクター : 12.211 (2019年の最新データ)。 過去のインパクトファクターデータと比較して、Physical Review X 2018-19年のインパクトファクターは 15.11 % 減少しました。 Physical Review X 2018-19年の最新のインパクトファクターパーティション: Q1 。 Rev. In the late 1950"s, Editor Sam Goudsmit decided to collect the Letters to the Editor of the Physical Review into a new standalone journal entitled Physical Review Letters (PRL). 安藤裕一郎助教、山本彬依さんらによる論文がPhysical Review B誌に掲載されました: A. Yamamoto, Y. Ando, T. Shinjo, T. Uemura, M. Shiraishi "Spin transport and spin conversion in compound semiconductor with non-negligible spin-orbit interaction" Phys. RG Journal Impact: 6.11 * 1 インパクトファクターの計算方法 インパクトファクター値で比較する インパクトファクター サポート インパクトファクターは、自然科学176 分野8,500 誌以上、社会科学56 分野3,000 誌以上のScience Citation Index® Expanded およびSocial Sciences Citation Index 収録の雑誌を対象にした評価指標の一つ … Physical Review B 2019年のインパクトファクター : 3.720 (2020年の最新データ)。 過去のインパクトファクターデータと比較して、Physical Review B 2018-19年のインパクトファクターは 1.92 % 増加しました。 Physical Review B 2019-20年の最新のインパクトファクターパーティション: Q1 。 Physical Review Letters 8.462(2016) Soft Robotics 8.649 (2016) 修士修了生の小林君と山田助教の実験で、ホイスラー合金薄膜における正の線形磁気抵抗効果の起源に関する論文が、Physical Review B (IF=3.736@2018)に掲載されました。(NIMS 磁性・スピントロニクス材料研究拠点、SPring-8、阪大産研 小口研究室との共同研究です。 B 91, 024417 (2015).

PRL featured short, important papers from all branches of physics, and quickly assumed a place among the most prestigious publications in any scientific discipline. インパクトファクター (I mpact F actor、IF) は、自然科学・社会科学分野の学術雑誌を対象として、その雑誌の影響度、引用された頻度を測る指標である。 IFはWeb of Scienceの収録雑誌の3年分のデータを用いて計算される。たとえば、ある雑誌の2012年のインパクトファクターは次のように求める。 Journal of the Physical Society of Japan ... で、そのほか編集委員会の依頼によるレビュー論文(Review)が掲載される。内容は物理学の全領域を扱うが、実際は物性物理学に偏り気味である 。2008年現在、インパクト・ファクター(IF)は2.212 。 Physical Review Letters is charged with providing rapid publication of short reports of important fundamental research in all fields of physics.