リモートサーバー接続…「このサーバーへのリモート接続を許可する」にチェック; ポートの確認(固定ポートの場合) 「SQL Server構成マネージャ」を開く。 左側の一覧から「SQL Server ネットワークの構成」⇒「MSSQLSERVERのプロトコル」を選択する。 インスタンス名が正しいこと、および SQL Server がリモート接続を許可するように構成されていることを確認してください。 (provider: 名前付きパイプ プロバイダ, error: 40 - SQL Server への接続を開けませんでした) (Microsoft SQL Server、エラー: 2) インスタンス名が正しいことと、SQL Serverがリモート接続を許可するように構成されていることを確認してください。詳細については、SQL Serverオンライン ブックを参照してください。 対処方法はSQL Serverの設定とファイアウォールの設定

インスタンス名が正しいこと、およびSQL Serverがリモート接続を許可するように構成されていることを確認してください。(provider:Named pipes Provider,error:40 -SQL Server への接続を開けませんでした)(Microsoft SQL Server 、エラー:2) SQL Serverに対して別マシンからリモートで接続を行う場合には、以下3点の設定が必要です。 1.

インスタンス名が正しいこと、および SQL Server がリモート接続を許可するように構成されていることを確認してください。 (Provider: Named Pipes Provider, error: 40 - SQL Server への接続を開けませんでした) 2014用SQL Server Native Clientは存在していない?ようです SQL Server 2017 Express は 標準設定のままでは他のPCからネットワーク経由でリモート接続を許可していません 。 これを許可をする時に特に重要になる「 Windows Defender ファイアウォール 」の設定も含め許可手順をまとめます。 SQL Server Management Studioを起動し、サーバーのプロパティ画面を開き、「接続」にある「このサーバーへのリモート接続を許可する」のチェックをONにする。